生徒

【医師になろう】医学部に合格するために専門予備校に通おう

医学の進歩のために

授業

医学部に合格するには

医学は日々進歩していて、従来では治療ができなかった病気の治療薬が開発されたり、患者の身体的な負担を軽減できる治療方法が見つかったりしています。医学の進歩には、医師や、薬の研究者など、様々な分野のスペシャリストが関わっています。そのように医療業界に貢献している方々も、最初から色々な知識や技術を持っていたわけではありません。例えば医師の場合、大学の医学部で専門知識を学んで、実習などを通して基礎技術を身につけ、研修医として経験を積んで、ようやく一人前の医師として認められます。医師になるには大学の医学部に通いますが、医学部は入学するのがとても大変です。医師を目指して医学部を受験する方々は、それまでもたくさん勉強して多くの知識を持っていることがほとんどで、そのなかで、ある一定ラインを超える必要があります。受験する大学によって試験問題の傾向や特色も違い、自分一人で対策するのは難しいことが多いです。おすすめは、東京にある医学部予備校に通うことです。医学部予備校は医学部の受験に特化した予備校で、大学ごとの出題傾向や、最新の試験情報も把握しています。医学部予備校は規模が小さいため、大手の予備校などとは違って、地方にはない場合がほとんどです。地方出身者は、東京に来て医学部予備校に通い、それから受験するパターンが多いです。東京に住むことになると予備校の学費以外に生活費もかかりますが、それでも医学部予備校の合格実績にひかれて東京に住むことを決意する方が多くいます。