レディ

【医師になろう】医学部に合格するために専門予備校に通おう

授業

医学の進歩のために

医学部予備校は、医学部の受験に特化した予備校です。各大学の医学部の特色を把握していて、試験の出題傾向も教えてもらえるので、医学部予備校に通う方が多いです。医学部予備校は地方にはない場合が多く、東京に住んで予備校に通う方がたくさんいます。

男の人

サポート校不要のシステム

東京都内には、数多くの通信制高校があります。その多くが、サポート校の格上げ校です。通信制高校の多くが、レポート提出で単位認定を行っています。そのため、レポート作成指導に大きく力を入れています。また、試験対策も充実している学校が結構あります。

女の子

夏休みを有効活用する

名古屋の塾の中には、中学受験対策のための塾もあります。中学受験を考えている人は通ってみましょう。もしくは夏休みや冬休みを利用して、短期集中型の合宿に申し込んでみるのもいいかもしれません。仲間たちと切磋琢磨できます。

医師になりたい人へ

女医

大学に合格するために

医学部は、入試難易度の非常に高い学部です。難関であるため、医学部を目指す人の中には、浪人も視野に入れて学習を進めている人も多くいます。現役の高校生の時から、塾や予備校に通って勉強をしている人もいます。また、浪人した場合は、予備校に通うのが一般的です。一口に予備校といっても、それぞれに特徴があります。医学部志望の人が予備校を選ぶ場合、大手予備校か医学部予備校かで迷うこともあるでしょう。大手予備校の場合は、様々な志望に合わせた複数のコースがあり、医学部受験コースはその中の一つになります。大手の場合は、比較的カリキュラムに余裕があり、授業は朝から始まって夕方には終わることが多いのが特徴です。自分の学習計画に合わせてオプションの授業を選択したり、またその時間を自習室で自分で勉強する時間にあてたりするなど時間的な柔軟性があります。強制されるよりも、自分のペースに合わせていく方が勉強の効率が上がる人に向いています。一方、医学部予備校の場合は、一日中びっしりとカリキュラムが組み込まれており、自分一人では手を抜いてしまう不安のある人にとってメリットがあります。また少人数制の学校が多く、講師との距離が近いのも特徴でしょう。それぞれが、自分自身の性格に合ったカリキュラムの予備校を選択する必要があります。カリキュラム以外にも、学費面や自宅からの距離など、選択する基準はいろいろあります。それらを総合的に判断して、予備校選びをしていくことが大切です。